【海老名市綾瀬市新築コラム】ヌックとは?どこに取り入れるかで変わるヌックの特徴について! - エラボのいえ|神奈川海老名の工務店|注文住宅・スマートハウス
イベント情報
神奈川県海老名市・綾瀬市の注文住宅ならエラボのいえ
新着情報 アイキャッチ
NEWS&BLOG

お知らせ・ブログ

2024.03.08

【海老名市綾瀬市新築コラム】ヌックとは?どこに取り入れるかで変わるヌックの特徴について!

海老名市・綾瀬市にお住まいで注文住宅やガレージハウスをご検討されている方はいませんか?

近頃注目を集めている「ヌック」は、新築注文住宅で穏やかなおうち時間を過ごしたい人におすすめの空間です。

コンパクトで居心地の良い空間を作り上げ、家族の気配を感じながらひとりの時間を楽しむことができる他、さまざまな用途で活用できます。

今回は、設置場所ならではのヌックの特徴や設置をする際の注意点をご紹介いたします。

ヌックとは?

ヌックとは1~3畳程の広さで壁やドアで仕切らず、段差や素材の違いなどでゆるやかに空間を区切ったスペースを指します。

また、空間の大きさよりも居心地の良さや心のゆとりという面が大切になります。新築注文住宅に採用すると、一人の時間を楽しめたり、子どもの遊び場になったり、家での過ごし方の幅が広がります。

どこに取り入れるかで変わるヌックの特徴!

・窓際

窓際に採用した場合、晴れた日はポカポカとした日差しを満喫できるヌックになります。外の景色が見える窓との組み合わせは、開放感がありリフレッシュできるでしょう。


また、読書などの趣味にも丁度いいスペースになるはずです。

・階段下

階段下はデッドスペースになりがちな場所です。
ヌックを階段下に取り入れることにより、無駄な空間の有効活用が可能になります。

また、隠れ家や秘密基地のようなヌックを設けた場合、子どもの遊び場又はお昼寝スペースとしても使えるため大変便利だと思います。

注文住宅の間取りを決めるまでに、子どもが成長した後どのように活用するか選択肢をいくつか考えておきましょう。

・LDKの一角

家族が一番長く過ごすLDKにヌックを設ける場合、さまざまな楽しみ方が可能です。
リビングの壁をくり抜いたり、リビングの角に設置すると家族と適度にコミュニケーションを取りながらご自身がやりたいこともできます。

また、キッチンの横や付近に設けた場合、料理の合間の休憩場所にもなります。

ヌックを設ける際の注意点

ヌックを設けるとその分スペースが取られますので、部屋が狭く感じてしまうこともあるかもしれません。
敷地面積が狭い注文住宅の平屋でも、設計上どうしてもできてしまうデッドスペースの部分を活用すると部屋の面積を取らずにヌックを設けることが可能です。

また、使用用途がはっきりしていない場合も、結局ヌックを使わずにいるというケースもあるため注意しましょう。

まとめ

ヌックはデッドスペースの有効活用にとてもオススメの間取りになります。
家族とコミュニケーションを取りながらひとりの時間を過ごすことができ、さまざまな楽しみ方ができるヌックは二階建て・平屋問わず施工が可能です。

「エラボのいえ」は注文住宅、ガレージハウス(RELIGO)や土地のご紹介から建物のご提案までトータルでサポートをしておりますので、悩んでいることや何から始めればいいのかわからないことがあれば、ぜひ「エラボのいえ」にお越しいただき、ご相談ください。

記事一覧へ戻る
無料カタログ請求 ご来場予約 電話する