【海老名市綾瀬市新築】注文住宅で今注目のアイテム!ルーバーの特徴やルーバーの素材によって異なる特徴とは? - エラボのいえ|神奈川海老名の工務店|注文住宅・スマートハウス
イベント情報
神奈川県海老名市・綾瀬市の注文住宅ならエラボのいえ
新着情報 アイキャッチ
NEWS&BLOG

お知らせ・ブログ

2024.02.16

【海老名市綾瀬市新築】注文住宅で今注目のアイテム!ルーバーの特徴やルーバーの素材によって異なる特徴とは?

海老名市・綾瀬市にお住まいの方で新築注文住宅やガレージハウスをご検討されている方はいませんか?
近年、おしゃれなお家やおしゃれな商業施設といえばほとんどの建物でルーバーが採用されています。外からの視線・強い日差し・風・汚れを遮るために、屋内・屋外問わずカーテンの代わりになるようなインテリア性があるものを取り入れたい方にオススメのアイテム「ルーバー」。

本日は、ルーバーの特徴やルーバーの素材によって異なる特徴をご紹介していきます。

ルーバーとは

ルーバーとは、羽板という細長い板を一定間隔の隙間をあけて平行に並べたものになります。
機能面・デザイン性に優れているため、インテリア・エクテリア問わず様々な場所に活用することができ、新築の注文住宅におしゃれでスタイリッシュな印象を与えてくれるアイテムです。

お家のエクステリアに取り入れた場合、おしゃれに魅せるだけでなく、程よく目隠しをしつつ光と風を取り込んでくれるため、嬉しい効果がたくさんあります。

ルーバーの特徴

窓の外からの視線を遮る

新築注文住宅で窓まわりやフェンスにルーバーを設置すると、窓の外から家の中の様子が見えにくくなり視線を遮ることができます。もしルーバーの隙間から家の中を覗く不審者がいたとしても、すぐ気が付くことができるため、隙間のないフェンスや塀より安心感が大きいと思います。

また、可動式のルーバーは羽板の角度で隙間を調節できるため、ご自身の加減で程よく遮られた空間を作り、開放された雰囲気を残してくれます。

優れた通気性

ルーバーは、通風・換気・排煙といった風量の調節面でも優れていると言われています。羽板の角度により吹き込む風の勢い・量を調整し、遮る特徴があります。窓の内側に設置した場合、部屋の中への強風を遮ってくれます。

また、庭のフェンスとしてルーバーを設置した場合は、強風によるゴミの舞い込みなども遮ることが可能になります。

直射日光を遮る

直射日光を遮り、角度で採光調節や日除けをすることができるルーバーは、光を程よく取り入れてくれます。近年、地球温暖化などの異常気象の影響で夏は非常に温度が高くなり、室内での日焼け・熱中症への対策が重要視されています。

また、「日が当たりすぎて一生に一度の注文住宅なのに床・壁が変色した!」なんてことにならないためにもルーバーの調節機能は非常に重要になります。

騒音を和らげる

羽板の隙間は、風量を調節するとともに音の伝わり方を弱める効果もあります。幹線道路や線路の近くに注文住宅を建てる場合、騒音が気になるかもしれません。窓に直接音の振動を受けるより、ルーバーを通すと音が伝わりにくくなります。騒音が気になり窓を開けられない生活は心と体を蝕むかもしれないため、できるだけ避けましょう。

素材によって異なる特徴

ルーバーの素材には、ガラス・アルミ・天然木・人工木などがあります。
それぞれ性質が全く異なるため、素材により屋内か屋外か、使用する用途も変わってきます。ルーバーの素材は主に下記の種類が挙げられます。
・ガラス
・アルミ
・天然木
・人工木(樹脂)

ガラス

ガラスの特徴は、ルーバーを閉じたままでも常時採光が可能なことが挙げられます。また、すりガラスにした場合、目隠しになりプライバシーを守ることも可能です。明るさがあるため、透明感や開放感があることから、新築注文住宅で窓にガラスのルーバーを取り入れる方が増えています。

ただし、ガラスなので割れやすいということもあり、定期的にしっかりとチェックすることが必要になります。

アルミ

アルミの特徴は、腐りにくく、汚れ・熱・錆に強い特徴があります。
そのため注文住宅などの一般住宅では窓の目隠しに使用されることが多く、オフィスや店舗などの商業施設では屋上のフェンスや大型ガラスの日よけ、装飾に使用されています。しかし、衝撃には弱いデメリットもあるため、硬い物をぶつけてしまわないように注意してください。

天然木

天然木の特徴は、自然の滑らかさがある感触、温かみが挙げられます。
ナチュラルな雰囲気の家によく合い、高級感も生まれます。注文住宅では屋内の装飾や間仕切りなどで使用されることが多く、屋外で使用する場合は防虫加工や防腐処理を施さなければ腐りやすく汚れやすくなるため、こまめにメンテナンスを行う必要があります。

人工木

人工木は木粉と樹脂を混ぜ合わせて作られたものになり、樹脂が含まれることで害虫被害の心配が少なく耐久性にも優れた特徴があります。
また、ささくれやトゲが発生しにくく腐りにくいため、簡単なお手入れだけで綺麗に長持ちするので注文住宅完成後のメンテナンスも少なく済みます。

まとめ

ルーバーは注文住宅などの一般住宅だけでなく商業施設などのさまざまな建物でたくさん取り入れられています。外からの視線・日差し・風・砂埃などの汚れを遮るだけでなく、採光・通気・装飾など、ルーバーの用途はさまざまです。素材によって性質がそれぞれ異なるため、お家の雰囲気や設置場所をよく考えてから設置しましょう。

ルーバーの設置をご検討の方は、ぜひ今回のコラムを参考にしてみてください。

「エラボのいえ」は注文住宅、ガレージハウス(RELIGO)や土地のご紹介から建物のご提案までトータルでサポートをしておりますので、悩んでいることや何から始めればいいのかわからないことがあれば、ぜひ「エラボのいえ」にお越しいただき、ご相談ください。

記事一覧へ戻る
無料カタログ請求 ご来場予約 電話する