【海老名市綾瀬市新築コラムver.201】注文住宅の会社選び「みんなはどうしてる?」 - エラボのいえ|神奈川海老名の工務店|注文住宅・スマートハウス
神奈川県海老名市・綾瀬市の注文住宅ならエラボのいえ
新着情報 アイキャッチ
NEWS&BLOG

お知らせ・ブログ

2019.12.20

【海老名市綾瀬市新築コラムver.201】注文住宅の会社選び「みんなはどうしてる?」

海老名市や綾瀬市で注文住宅を建てた方の中には「モデルハウスの雰囲気」や「企業の知名度で何となくメーカーを決めた」そんな方も多くいらっしゃいます。契約した後に調べたら、もっと自分たちの好みにぴったりの施工事例を発見して「会社選びの視野が狭かったと思う」とやるせない思いをされている方も…「ハウスメーカーのショールームやモデルハウスを見に行く前の段階で、住宅雑誌やカタログで、たくさんの情報を得るべきだった」そんな体験談をWEBや住宅情報誌でみかけます。

ステップ1|海老名市・綾瀬市で情報収集

情報収集はとにかく効率的にやっていきましょう。ひとつひとつ知っているハウスメーカーのホームページをみるのではなく、ポータルサイトをうまく活用しましよう。ポータルサイトとは「HOME’Sホームズ」「SUUMOスーモ」のような、たくさんの企業が施工事例や会社情報を登録しているサイトです。ポータルサイトで探している地域のハウスメーカーや工務店を検索し、自分たちの好きなテイストの外観や内装を見つけたらどんどん資料請求をしていきましょう。資料請求をすると「会社案内」「建物仕様」「施工事例集」が届きます。届いた資料を休みの日にご夫婦で一緒に見ていけば、直接足を運ぶべきハウスメーカーや工務店がピックアップできてきます。施工事例をたくさん見ることで、夫婦の趣味嗜好の違いや、イメージのすり合わせもなんとなくできると思います。

ステップ2|海老名市・綾瀬市のハウスメーカー、工務店に行く

資料請求をしてある程度、自分たちの好みのテイストに家を作ってくれそうな会社をピックアップできたら、次は実際にモデルハウスを見に行く、ショールームに足を運ぶという段階にはいります。次に立ちはだかるポイントが担当してくれる営業スタッフとの相性です。担当してれた営業スタッフの提案力で家のできばえは大きく違ってきます。この人は信頼できるかを見極める必要がでてきます。第一印象や自分たち夫婦と相性はもちろんのこと、より踏み込んだ部分で営業スタッフの資質を判断することも大切になってきます。「踏み込んだ部分?」「資質?」どのようにして確かめればよいのでしょうか。まず1つ目は、その営業スタッフのもっている知識です。自分たちの質問に対しての答えが的確で速いのは、知識があり経験を積んでいる証拠です。そのときに答えられなくても、調べてすぐに連絡をくれる姿勢なら今後も信頼がおけるスタッフだと言えるでしょう。適当な事を言わない、しっかりと確認してからお客様に伝える!そんな姿勢はとても誠実な証拠です。基本的に営業スタッフは話が上手です。本当に、ごくまれに、自分のわからないことも雰囲気で答える営業スタッフもほんの一握りですがいます。また、自分たちの希望に対して「出来る」「出来ない」を、理由を添えて説明し、「出来ない」場合の対応策を提案してくれるかどうかも重要なポイントです。家づくりは半年以上かかる場合もあります。そして何よりとんでもなく高額な買い物です。建物仕様や予算、テイストなど、夫婦の希望に合致してこのハウスメーカーで建てたい!けど、どうしても営業スタッフと合わないと思う場合は上司に連絡し、代えてもらうことも検討したほうがいいでしょう。

ステップ3|アフターメンテナンスも会社選びの時に重要です!

注文住宅を建てるにあたりアフターメンテナンスはとても重要なポイントのひとつです。夢のマイホームを購入直後から住宅の点検や補修など家を建てた後のことに不安はもちたくありませんよね。実際の注文住宅購入者アンケートに、アフターメンテナンスの内容が契約の決め手になったという人も多くいらっしゃいます。ハウスメーカーや工務店によってその詳細が異なることも知っておきましょう。アフターメンテナンスの項目や実施される時期や保証の期間、いつまで?この不具合は?無償でどの範囲までメンテナンスしてくれるのかはカタログで確認したり、営業スタッフに聞き、不明な点は絶対に残さないようにすれば入居後も安心して暮らます。住宅は購入に高額なお金が必要ですが、ローン返済中もメンテナンスに数十万から数百万と大きなお金が必要になります。例えば、注文住宅を新しく建築→10年経過して給湯器が故障→16万円かけてリフォーム→新築から15年経過して屋根や外壁の塗装が劣化→110万円かけて外壁塗装リフォームなどなど、キッチン、浴室、洗面化粧台、トイレなど水回りや設備関係は永遠につかえるものではないので、 10年も使っていけば不具合や故障が発生します。こういった経年劣化によるメンテナンスはアフターメンテナンスには含まれている会社はほとんどありません。将来の住宅のメンテナンスに掛かるお金を備えておかなければなりません。アフターメンテナンスの範囲内で無償で修理出来る所は多いほうがいいですし、保証の期間が長いほうが安心ですよね。

ステップ4|言った言わないのすれ違い、やり直しできない工事

土地も購入し、家の契約も完了!そして間取りや内外装の仕様も決定!そして着工開始!そして工事中に現場に行ったら、営業スタッフに変更を頼んでおいたはずの棚の位置が違っていた。現場の人に位置が違うというと、図面どおりで何も聞いていないですとのこと。営業スタッフと設計士、そして職人さんとの連絡がうまくいってないのか、すぐに変更を頼むも、変更を依頼した履歴が確認できず、言った言わないの次元の言い合いになり問題となってしまった。こんな不毛な争いや悲しい出来事は絶対に避けたいですよね。図面や仕様に変更があれば必ず図面を変更してもらい、施主=自分の「承認しました」のサインが必要です。営業スタッフや設計担当者とアポイントのスケジュールが合わず、簡単に電話で変更点や依頼を済ますことは絶対にやってはいけません。契約から間取りの打ち合わせ、工事中、完成までどんなに忙しくても、どんなことでも書面やメールなど履歴が残るよう丁寧に進めて行きましょう。

****************

注文住宅を建てている、または検討している自分たち以外の人はどんな風に情報収取しているのかきにきになりますよね。最近では多くのユーザーがポータルサイトで資料請求を何社にもしています。資料請求をするとその会社から電話がかかってきます。資料請求をする前に何社もふるいにかけて資料請求の数を最小限にしている人もいます。とにかくいっぱい資料請求しよう!と心に決めてどんどん資料請求をしたら、たくさんの会社から電話がかかってきて、もう、わけがわからない。そんなこともあります。資料請求をしてすぐに電話をかけてくる会社、資料が届いた頃に電話をかけてくる会社、全く連絡がない会社、この3つの中だったら一番最初の「資料請求をしてすぐに電話をかけてくる会社」が一番信頼におけると思います。業界的にはとても誠実で良い対応をしています。住宅を探し始めたばかりだとそんな会社はとても「めんどくさいな」と感じるかもしれません。しかし、いざ契約や打ち合わせにはいると連絡の遅い会社はレスポンスが悪く、ストレスに感じてくるとことになります。はじめに接点を持ったところから丁寧に対応してくれる会社を届いた資料にメモ書きしておくと、いざ会社選びをする時に参考になると思います。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

イベント情報

【WEB限定】モデルルームを見に行こう!わくわく無料見学会

■会場:株式会社 秀建 海老名西口ショールーム(神奈川県海老名市扇町12-15)
■見学可能期間:2019.12.16(月) 〜 2019.12.22(日)
■イベント時間: 10:00~17:00

イベントの詳しい内容はこちらをクリック!!

イベント情報:https://erabonoie.com/event/

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

記事一覧へ戻る
アーカイブ
無料カタログ請求 ご来場予約
無料カタログ請求 ご来場予約 電話する