【海老名市綾瀬市新築コラム】子育てのしやすい間取りはどんな間取り?ポイントをご紹介! - エラボのいえ|神奈川海老名の工務店|注文住宅・スマートハウス
神奈川県海老名市・綾瀬市の注文住宅ならエラボのいえ
新着情報 アイキャッチ
NEWS&BLOG

お知らせ・ブログ

2024.05.13

【海老名市綾瀬市新築コラム】子育てのしやすい間取りはどんな間取り?ポイントをご紹介!

海老名市・綾瀬市にお住まいの方で新築注文住宅やガレージハウスをご検討されている方はいませんか?

新築注文住宅をご検討されるきっかけのタイミングの一つに、お子様が生まれたということが挙げられる方もいらっしゃるかと思います。大抵の場合、お子様が生まれたばかりのご家族は、「子育てのしやすさ」を念頭に置いて新築注文住宅の打ち合わせを行います。

そこで今回は、どのような家づくりが子育てしやすいお家になるのか、ポイントを3つご紹介させていただきます。

子育てしやすい新築注文住宅の3つのポイント!

■収納

お子様が生まれると、おもちゃ・子供服・工作で作った作品等、お子様関連の荷物は瞬く間に増えていきます。そういった場合、ご夫婦で暮らしていた頃よりも多い収納が必要になります。

十数年先の将来を想定して、なるべく大容量の収納ができる新築注文住宅を検討することがおすすめだと思います。

■リビング

小さなお子様は目の届くリビングで遊ばせるという方が多いと思いますが、さまざまな場所から目が届くような間取りすると安心して家事を行えるでしょう。

例えば、リビングを見渡せる作りのキッチンの場合、お子様もお母さんの顔を見て遊ぶことができてお互いに安心感があると思います。

万が一何かあってもすぐに対処できるような工夫は大切です。

■子ども部屋

お子様がある程度成長すると、子ども部屋を与えるご家族が多いかと思います。

お子様が成長した頃に余分な部屋がない!とならないよう、予め将来に向けてライフスタイルの変化も想定し、部屋数も考えて新築注文住宅の間取りを考えてみてください。

まとめ

「子育てのしやすさ」を中心に新築注文住宅を建てる際は、お子様を見守れることも大切ですが、同時に家事のやりやすさもしっかり考えるともっと良い家づくりができると思います。

お子様が生まれる前と生まれた後では、家づくりに対して意識するポイントもかなり違ってくると思いますので、今後お子様が生まれる予定の方もお子様がいるという前提で、一度家事の動線を想像してみてください。

また、お子様のために将来のライフスタイルの変化を想定しながら家づくりを行うことも大切ですので、ぜひ参考にしてください。

「エラボのいえ」は注文住宅、ガレージハウス(RELIGO)や土地のご紹介から建物のご提案までトータルでサポートをしておりますので、悩んでいることや何から始めればいいのかわからないことがあれば、ぜひ「エラボのいえ」にお越しいただき、ご相談ください。

記事一覧へ戻る
無料カタログ請求 ご来場予約
無料カタログ請求 ご来場予約 電話する