【海老名市綾瀬市新築コラムver.334】人工大理石・人造大理石を使ったキッチンの特徴 - エラボのいえ|神奈川海老名の工務店|注文住宅・スマートハウス
神奈川県海老名市・綾瀬市の注文住宅ならエラボのいえ
新着情報 アイキャッチ
NEWS&BLOG

お知らせ・ブログ

2023.07.14

【海老名市綾瀬市新築コラムver.334】人工大理石・人造大理石を使ったキッチンの特徴

海老名市・綾瀬市にお住まいの方で、新築一戸建て・注文住宅をご検討されている方はいませんか?

住宅を建てる際、キッチン選びはとても悩まれるポイントだと思います。

素材や色選びで組み合わせを考えて迷ってしまうこともあるでしょう。

エラボzeroでは、人工大理石・人造大理石を使ったシステムキッチンをご紹介しております。

上手に素材を組み合わせれば、デザイン性・機能性の高い理想的なキッチンを作ることができます。

今回は、人工大理石と人造大理石の特徴をご紹介いたします!

人工大理石とは

ポリエステルやアクリルなどの樹脂を固め、大理石に似た質感と外観をもつ素材を「人工大理石」といいます。

ポリエステル系とアクリル系では特徴が異なり、独自で人工大理石を開発しているメーカーもあります。

また、樹脂に天然鉱石を混ぜ合わせ固めた素材も「人工大理石」といいます。

加工もしやすく、量産が可能のためコストパフォーマンス優れているという利点もあります。

人造大理石とは

天然大理石を粉砕してセメントや樹脂、その他の石材チップで混ぜ合わせ固めた半人工素材のことを「人造大理石」といいます。

・水晶の元となる石英などを樹脂と混ぜ合わせ固めた素材「クウォーツストーン」

・樹脂と天然大理石を混ぜ合わせ固めた素材「レジンテラゾー」

・セメントと天然大理石を混ぜ合わせ固めた素材「セメントテラゾー」

・先に紹介した人工大理石のように、メーカーによってはアクリル樹脂やポリエステル樹脂を固めて作られた人工素材のことを、「人造大理石」と表すこともあります。

人工大理石と人造大理石の定義は曖昧で、メーカーによっては例外があるので、素材にこだわりのある方は、商品の説明をしっかりと理解しておくと安心です。

人工大理石の特徴

エラボzeroでの人工大理石はポリエステル樹脂を使用しているため、アクリル樹脂と比較して特徴をご紹介していきます!

【デザイン性】

ポリエステル樹脂は型に流し込むことで成形され、キッチン台とシンクを一体として組み合わせて成形することも可能です。

また、アクリル樹脂とは違って曲げ加工ができないという点がありますが、一体で成形を行うので、水漏れする心配もありません。

他にも、ポリエステル樹脂はアクリル樹脂より強い光沢感があるため、模様なども影響するとより高級感を漂わせてくれます。

【コストパフォーマンス】

人工大理石は型に樹脂を流し込むだけで製作できてしまうため、人造大理石と比較すると低価格です。

また、低価格でありながら耐久性があるため、コストを抑えて製品を作ることが可能です。

ポリエステル樹脂はアクリル樹脂より若干耐久性に劣りますが、その分コストが低く抑えることができます。

ですが、エラボzeroで取り扱っているポリエステル系人工大理石ははっ水・はつ油機能のあるコーティング剤を使用しているため、長時間汚れを放置したりすることがない限り、長く綺麗にお使い頂けるかと思います。

人造大理石の特徴

【デザイン性】

人造大理石は、さまざまな色や模様のバリエーションを持つことができます。

これにより、多様なデザインやスタイルの要件に対応できます。

素材に本物の大理石を使っていることが多いので、研磨や加工が必要です。

レジン系とセメント系で特徴が異なり、レジン系は大理石を大きめに砕かれていることが特徴になります。

セメント系は、大理石を小さめに砕いていることが特徴になります。

クォーツストーン含め大方の人造大理石は、天然の大理石を使っているので石そのものの光沢感、美しさを楽しめます。

【コストパフォーマンス】

天然大理石に比べて人造大理石は比較的低コストです。

天然の大理石を使っているということもあり、同様の美しさや風合いを提供しながら、予算にやさしい選択肢となります。

研磨や加工が必要な人造大理石ですが、調理器具や食器等がぶつかってキズができたとしても、

研磨剤で簡単にキズを消すことができる、手入れがしやすい等、コストパフォーマンスの高い特徴を持ちます。

また、エラボzeroで取り扱う人造大理石は、汚れが染み込みにくく、変色や変質がほとんどありません。

他にもポリエステル樹脂の人工大理石とは違って優れた耐熱性を兼ね備え、理想的なキッチンに近づけることができます。

まとめ

人工大理石と人造大理石の違いは分かりましたでしょうか?

「人工大理石」「人造大理石」は、天然の大理石が持つ見栄えの良さや高級感、美しさを兼ね備えつつ、

耐久性やコストパフォーマンスの課題を乗り越えた素材と言えます。

共通して定義が曖昧なところがあるので、選ぶ際は実物を確認し、素材の特性を理解する必要があります。

何にこだわるかは人それぞれですが、「人工大理石」「人造大理石」という名称に囚われず、

ご自身が納得のいく素材を選び、理想的なキッチンを作り上げましょう。

「エラボのいえ」は土地のご紹介から建物のご提案までトータルでサポートをしておりますので、悩んでいることや何から始めればいいのかわからないことがあれば、ぜひ「エラボのいえ」にお越しいただき、ご相談ください。

記事一覧へ戻る
アーカイブ
無料カタログ請求 ご来場予約
無料カタログ請求 ご来場予約 電話する