【海老名市綾瀬市新築コラムver.277】一戸建てを建替えるときの注意点 - エラボのいえ|神奈川海老名の工務店|注文住宅・スマートハウス
イベント情報
神奈川県海老名市・綾瀬市の注文住宅ならエラボのいえ
新着情報 アイキャッチ
NEWS&BLOG

お知らせ・ブログ

2021.06.18

【海老名市綾瀬市新築コラムver.277】一戸建てを建替えるときの注意点

目次

・建替えとは
・建替えとリフォームの比較
・建替えのタイミング
・建替えのポイント

海老名市や綾瀬市を中心に注文住宅を建てている、建替えをご希望のお客様もたくさんいらっしゃいます。住み慣れた家でも、家族のライフスタイルの変化で、使わない部屋が出てきたり、年齢と共に足腰に不安があり、2階への上り下りがきつくなってきたり、お孫さんが増え、収納が足りなくなったりするなど、さまざまな家の不便さや要望が発生してきます。
また、家族が安全で快適に過ごすためには、家が老朽化してしまう前に、「建替え」を検討する必要があります。
そこで今回は、建替えすることのメリットや、建替え時期の判断材料や目安などについて解説します。

海老名市、綾瀬市の注文住宅「エラボのいえ」では注文住宅での建替えをローコストで実現することができます。

例えば、建替え注文住宅で人気の「エラボの平屋」では12坪1,067万円(税込)〜新築の平屋が建築可能です。

詳しくはこちら>>>https://erabonoie.com/erabonohiraya_lp/

海老名市や綾瀬市で建てる注文住宅で「建替え」を希望されるお客様もたくさんいると先程お伝えしましたが「建替え」するご家庭は、なぜ住まいの建替えをするのでしょうか。
基本的に住宅は、大きな手を加えない限り、新築時の形のまま徐々に老朽化し劣化していきます。
そして、新築で住宅を購入されたご家族のライフスタイルはどんどん変化します。

例えばですが、新築当初は夫婦2人暮らしだったのが、数年後お子様が生まれ、そしてその子ども達が30年後成長して自立し、夫婦2人だけの生活がまた戻ってきたけれど、30代の頃と60代では健康面も生活も変化しています。

そうなると、当初の建物のままではいろいろと不便が生じてきます。このタイミングで、建物自体の老朽化という問題に直面する場合も多いのです。

そこで、住んでいる家を壊して新たに建替えることで、現在のライフスタイルにあった新しい住まいを手に入れることができるのです。

建替えとリフォームを比較してみる

海老名市や綾瀬市の「建替え」注文住宅を検討されるお客様は「リフォーム」とよく比較されます。
リフォームの場合は、建物自体を壊さずに部分的にリニューアルするので、「建替え」よりも費用を抑えられます。

しかし、リフォームできる範囲は限られるます。現在抱えているすべての不便を解消できない可能性があります。また、建物の躯体の補強をしない場合、建替えよりも完成後の建物の耐久力、耐震性は劣るでしょう。

「建替え」の場合、すべてを壊して建て直すため、今の家族が求める住まいの形をゼロベースから検討することができます。

「建替え」は「リフォーム」より住まいの自由度が高く、耐震や断熱も現在の建築基準法の基準を満たした住宅になるので、省エネ性に優れ、光熱費も抑えられ、断熱性の高さにより、ヒートショックやアレルギー症状の軽減など、年齢を重ねた体には健康にとってよりよい住まい空間を手に入れることができて、メリットが大きいです。

海老名市や綾瀬市で今住んでいる家の「建替え」は、そこに住むご家族にとっても非常に重要なことです。一般的には、下記のようなタイミングで建替えを検討することが多いです。

● 家族のライフスタイルが変化した時
● 住まいの老朽化が顕著になってきた時
● 耐震性能を改善する必要ある時

 

海老名市や綾瀬市で新築一戸建てまたは中古一戸建てを購入30年〜40年くらい経つと、ライフスタイルの変化と共に家族構成が変わってきます。たとえばですが、下記のようなタイミングはより大きな変化を伴うため、建替えのきっかけとなる傾向があります。

・子どもが独立して家を出る時
・子ども夫婦と一緒に住むことになった時

これらのタイミングは、建替えを検討するよい機会と言えます。

また、木造一戸建てであれば、およそ30年が建替えの目安と言われているため、そのタイミングで建替えを検討するのも選択肢のひとつです。

特に1981年以前に建てられた一戸建てについては、旧耐震基準に沿って建てられているので注意が必要です。

今後の地震に対するリスクを考えて、耐震性能を改善するために建替えをすることも考えるべきでしょう。

<海老名市や綾瀬市で「建替え」する場合の流れ>

ハウスメーカーを探す

建替えプランを決める

住宅ローンの申込み

仮住まい先を決めて引越し

解体(木造で1坪2~3万円前後が解体費用の目安)

着工

引き渡し

5の解体した後に地盤の改良工事が必要になる場合もあります。

最終的に建て直した家に戻るまでに、およそ6ヶ月を目安にしておくと良いでしょう。

海老名市や綾瀬市での建替えは、ただの更地に新築を建てるのとは違い、既存建物を解体する費用、その処分費用、さらには仮住まいの賃貸料や引越し費用などさまざまな費用がかかります。
そのため、海老名市や綾瀬市で建替えを検討する場合には、建替える住まいの建築費用だけではなく、それ以外の費用についても蓮メーカーや工務店に予算組みしてもらいましょう。

家族のライフスタイルにあったタイミング、予算で建替えをして、快適で健康に過ごせる住まいを改めて手にいれましょう。

 

●●●●●

イベントのご案内

【WEB限定】二世帯住宅を検討中の方必見!程よい距離感と安心感の間取り相談会

開催地:神奈川県海老名市中央1-14-36

開催期間:2021.06.14(月) 〜 2021.06.20(日) 10:00 〜 17:00

詳しい情報はこちらをクリック↓

https://erabonoie.com/event/

●●●●●

記事一覧へ戻る
無料カタログ請求 ご来場予約 電話する