賢く正しい家づくりコラム

【海老名市新築コラムver.185】海老名市の注文住宅で子育てに優しいお家をたてるなら

海老名市で注文住宅を建てようと考えていらっしゃる方たちは、周辺の環境が安全なのか住みやすいのかを必ず考えると思います。しかし、周辺環境もとても大事ですが、建てるお家も住みやすく家族の成長と共に変化に応じていくそんな注文住宅にも注目してみて下さい。

コミュニケーションが取れる吹抜け

秀建でもよく取り入れている吹抜けの間取りは子育に最適な間取りで、光を取り入れながら上下にコミュニケーションが出来ます。特に「エラボのいえ」の注文住宅なら天井が上の階まで繋がる間取りが作れます。のびのびと開放的で、広く感じられ、周囲に建物があっても光を取り入れる事ができます。また、家族が上下階に分かれていても声をかけやすいのも特徴です。特に用事がなくてもお互いの気配を感じあうことが出来るので、小さいお子様がいても安心して過ごせます。子どもの成長過程で反抗期が訪れたとしても、この吹抜けのコミュニケーションでお子様を見守る事もでき、また子どもは家族の暖かさを感じることが出来るので、吹抜けの間取り取り入れるだけでも普段の過ごし方が変わります。

家族の温もりを感じられる広々とした大空間

家族が一堂に集まれてお子様を見守りやすいオープンにつながるLDK、吹き抜けなど、大空間に憧れて注文住宅を建てる人も多いです。広々と見えるだけでなく、子育て家族としては、お子様がどこにいても目が届く点に注目したいですね。対面式キッチンやリビング内プレイルームなどを設けると、料理をしながらお子様を見守れます。また、リビング階段を設ければ子どもとのコミュニケーションが更に増えます。

独立性のあるタタミコーナー

海老名市の新築物件ではタタミコーナーを設けていない所もありますが、タタミコーナーがあることによってリビングの空間を広く使うことができリビングと隣接したコーナー段差があることで、リビングとの一体感と独立性を両立させることができます。子供を畳で昼寝させるときもリビングから見守れて安心。段差は腰掛けてくつろぐなど、色々な使い方ができます。横になることもできるので、お客様の宿泊スペースとしても使えて何かと重宝します。

注文住宅をお考えの方に特に注目していただきたい所をピックアップしましたが、その他にも2階の子ども部屋や主寝室など生活していく上で何が一番家族にとって安心して寛げる空間かを「エラボのいえ」でご一緒に考えていきましょう。注文住宅だからこそ、子育に優しいお家を建てることが出来ます。海老名市で注文住宅を建てようとお考えのご家族は是非「エラボのいえ」へお越しくださいませ。

スタッフ一同一人一人の意見を聞き子育にやさしいお家をご一緒に作っていきます。

ブログ一覧に戻る

資料請求

ご来場予約

PageTopPageTop