【海老名市綾瀬市新築コラムver.320】予算オーバーしないためのざっくり計算式|賢く正しい家づくりコラム|エラボのいえ|神奈川・海老名の1,600万円(税込1,760万円)から叶う高性能スマートハウス

賢く正しい家づくりコラム

【海老名市綾瀬市新築コラムver.320】予算オーバーしないためのざっくり計算式

海老名市や綾瀬市で注文住宅をご検討されている方へ

注文住宅を建てるためのお役立ちコラムを配信しています。

予算オーバーしないためのざっくり計算式

土地について

家づくりのための費用は、大きく「土地」と「建物」とその他「諸費用」にわかれます。

注文住宅を建築するための土地に関して、土地の代金以外にも、

仲介手数料や移転登記費用、印紙代、固定資産税の精算などの費用が発生します。

土地自体は非課税ですが、諸経費には税金がかかってきます。

目安としては、土地代の8%〜10%の諸経費が発生すると考えておくといいでしょう。

 

建物について

建物は本体価格に加えて、建物付帯工事費用、外構費用、場合によっては地盤改良費、

さらに消費税もかかります。

目安としては、消費税を含め、本体価格の約1.4倍を想定するといいと思います。

建物本体価格以外に費用がかかる項目一覧

・付帯工事(外構、照明、ガス工事、カーテンなど)

・設計料(申請費など)

→約200万円を想定

 

「土地」「建物」以外にかかる「諸費用」一覧

・登記費用、印紙代、水道分担金

・火災・地震保険費用

・住宅ローン手続き費用・つなぎ融資費用

・式祭典費用

・引越し費用、家具家電費用 など

 

例えば

土地 1500万円

建物 2000万円(本体価格のみの場合)

の注文住宅を海老名市や綾瀬市で新築で建てる場合、

土地に諸経費が乗って1620万円(土地代の8%の諸経費と考えた場合)

建物は諸費用込みで本体価格の約1.4倍で2268万円+その他諸経費で200万円、

トータルで4088万円まで膨れていきます。

 

注文住宅を建てるときに必要な現金

ざっくりな必要金額を理解できたあとは、どれくらいまとまった現金が必要になるのか

把握しておくことが大切です。なお、実際に現金がいるタイミングとしては、

土地の売買契約の段階で手付金、それとは別に建物の請負契約時に契約時金を支払います

この時点では住宅ローンがおりていないため、支払いは自己資金で用意する必要があります。

契約後の土地の決済や建物工事着工後の中間金の支払いには、

金融機関のつなぎ融資や分割融資を利用することができます。

 

現金が必要なタイミング


※1 秀建ではいただいていません。

予算オーバーしないためのざっくり計算式|まとめ

海老名市や綾瀬市で新築の注文住宅を建てるときに予算オーバーしないためには

注文住宅のコスト構造を把握し、ハウスメーカーや工務店の担当スタッフと

全体像を共有することが予算オーバーを防ぐポイントです。

総予算とスケジュールを見て、ローンの計画をハウスメーカーや工務店の担当スタッフと一緒に立てていきましょう!

 

●●●

キャンペーンのご案内

土地探し応援キャンペーン

今なら土地の仲介手数料が半額!

対象商品は、エラボzero・エラボの平屋・GARAGE BOX
令和4年6月1日から6月30日までにご成約頂いた方に限ります。

☆☆☆

土日がお仕事という方でも大丈夫!
平日もご予約でご相談いただけます!!

☆☆☆

■会場:株式会社 秀建(神奈川県海老名市中央1-14-36)

他にもイベントやキャンペーンを開催しております!

詳しい内容はこちらをクリック!!

https://erabonoie.com/event/

●●●

海老名市や綾瀬市など県央エリアで住宅をお探しの方は、

お気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧に戻る

会員登録・ログイン

資料請求

ご来場予約

PageTopPageTop