賢く正しい家づくりコラム

【海老名市新築コラムver.182】注文住宅の照明計画

照明計画は部屋ごとに考えよう

注文住宅の照明は室内に必要な明るさをもたらすだけでなく、心理的な部分にも大きく働きかける大切な役割をもっています。効果的な照明使いで、部屋を居心地良く、空間コーディネートを楽しくできるように仕上げましょう。

注文住宅だからこそできる照明計画

注文住宅の照明計画では主照明と(全体照明)と補助照明(部分照明)の大きく分けて2つあります。おしゃれなカフェ風のお部屋にしたいという希望が強すぎて、間接照明(補助照明)ばかりを配置してしまうと、生活に必要な照度を確保ことができません。海老名市の注文住宅では主照明はお部屋全体を明るくするのが目的で、シーリングライトやシャンデリア、ダウンライトなどがあげられます。補助照明については、キッチンの手元灯や読書灯のように作業に必要な明るさを補う役割や、ブラケットやフロアスタンド、スポットライトのように部屋を演出する効果があります。

日本の昔の住宅では天井の真ん中にシーリングライトが1つだけという照明プランがほとんどでした、これでは部屋が平坦でのっぺりとした印象になってしまいます。照明計画をたてる時には、部屋の使い方やご家族の好みのインテリアやテイストに応じて主照明と補助照明を組み合わせて計画するようにしましょう。

同じ照度の照明でも、床、壁、天井のどの面に光を当てるかによって明るさの感じかたや、お部屋の印象が変わります。

海老名市の注文住宅でお部屋やインテリアのテイストをやわらかいイメージにしたい場合は、全体にまんべんなく光が当たるようにしたり、落ち着いた印象にしたい場合は床と壁を照明で照らし、天井に光が当たらないように照明計画をたてます。

また、クロスや床材などの内装材の質感や色によっても光の印象は違ってきます。新築一戸建て注文住宅で白くて光沢のあるクロスをセレクトした場合は光を反射するのでとても明るく感じます。

反対に、トーンの低い色やダークカラー、光沢がないものをセレクトするとお部屋の印象は暗くなります。和室や寝室で壁や天井をダークカラーで艶のないクロスにする場合は、明るめの照明器具をセレクトするといいでしょう。

海老名市で新築マンションや新築の建売を選ぶと、この照明計画ができません。すでに電気配線が施され、決まった位置にしか照明器具をつけることができません。インテリアコーディネートの観点でいうと、家具で横の空間をコーディネートすることはできますが、縦の空間を演出するには、必ず照明が必要になってきます。観葉植物で補うことはできますが、人生で一番多くの時間を過ごす空間を快適かつ大好きな場所にするために、注文住宅だからこそできる、家族に会った照明計画をたてましょう。

 

インテリア好きなら照明計画は必須

海老名市でマイホーム購入を検討中でインテリア好きなら、注文住宅にすることをおすすめします。今回ご紹介したような照明でインテリアの季節の模様替えを楽しめるからです。リビングやダイニングにファブリックのカラーリングだけでなく、明るさのメリハリをつけると、空間をもっとおしゃれに演出できます。お部屋をコーディネートするにはフロアライトやテーブルライトなどの間接照明をプラスするという方法もありますが、ペンダントライトやダウンライト、ブラケットなどを「ここにつけたい」と思った時には工事が必要ですし、壁や天井を傷つけてしまいますし、既存の照明の位置が邪魔になったりします。海老名市で注文住宅にする場合は照明計画ができるので、追加で工事するより費用も抑えられますし、DIYするならするならその手間も省くことができます。海老名市にお住まいでインテリア好きの方は照明計画の際、自分の好きなインテリア画像をストックしておくと注文住宅の照明計画もスムーズに進むでしょう。

ブログ一覧に戻る

資料請求

ご来場予約

PageTopPageTop