賢く正しい家づくりコラム

【海老名市新築コラムver.175】住宅の環境性能・シックハウス症候群

これから海老名市や綾瀬市の県央地区で新築一戸建て、注文住宅エラボのいえを建てたいとお考え中のお客様へ

 

今回は住宅の環境性能についてみていきましょう

1.シックハウス症候群とは

まずはじめに、シックハウス症候群について触れたいと思います。原因となるのは建物に使用される合板の接着剤や塗料、防腐剤に使われるホルムアルデヒド・トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレンなどです。空気中に発散されたこれらを人が吸い込むことで、シックハウス症候群を発症します。その具体的な症状には目や喉の刺激的な痛み、または全身の倦怠感や目まい、頭痛などがあげられます。またホルムアルデヒドは発がん性も指摘されています。

これから気温も上昇し夏を迎えますが、この季節は特に発散量が増える為、注意が必要です。

 

ここでみなさんはこのようなマークをみたことがありますか

 

「F☆☆☆☆」

 

こちらのマーク、よく住宅に使用される部材には出てくるものなのですが、あまりその意味は知られておりません。

 

こちらは「エフフォースター」と読み、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの発散量において、もっともその量が少ないとされる部類の建材に表示が認められているマークになります。この星の数が少ないほど、ホルムアルデヒドの発散量が多く、星3~2つでは建物における使用量に制限があり、星1つでは建築物への仕様が禁止されています。

 

しかしこちらの「F☆☆☆☆」ですが、あくまでホルムアルデヒドの発散量を示す証ですので、シックハウス症候群に対して絶対に安心だとはいえません。

なぜなら建築材から発散されるシックハウス症候群の原因物質にはホルムアルデヒド以外にも・トルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレンが挙げられるからです。

 

2.身近で効果的な対処法

ではどのように対処していくことができるのでしょうか。

 

身近にできて効果的な対処法、それは換気です。計画的に換気をして頂くことでシックハウス症候群の予防は勿論、結露やそれに伴うカビやダニの発生も抑制することができます。

 

効率的に換気がなされるよう空気の道筋も計算された、24時間換気がなされる住宅にお住まい頂くことで、快適な環境の中で生活して頂くことができます。

 

(株)秀建では、お家の快適さに重きを置き、気密性や断熱性、換気性能に優れた住宅をご提案しております。

 

これから海老名市や綾瀬市の県央地区で新築一戸建て、注文住宅エラボのいえを建てたいとお考え中のお客様には是非一度、海老名西口店ショールームに足を運んで頂ければ嬉しいです。

 

また、これから海老名市や綾瀬市の県央地区で新築一戸建て、注文住宅エラボのいえを建てたいとお考え中のお客様を対象に、無料の資金計画相談会や、土地探し相談会を開催しております。ぜひお気軽にお問合せ下さい。

ブログ一覧に戻る

資料請求

ご来場予約

PageTopPageTop