賢く正しい家づくりコラム

【海老名市新築コラムver.171】住宅の気密性について

これから海老名市や綾瀬市の県央地区で新築一戸建て、注文住宅エラボの家を建てたいとお考え中のお客様へ

 

今回は住宅の気密性について、見ていきましょう。

皆様は気密性と聞いてどのようなイメージをもたれますか。

断熱性能という言葉はよく聞くかもしれませんが、気密性ということばはあまり馴染みがないかもしれません。

 

気密性とは外気に通じる余計な隙間を無くし、室内の換気や温度管理をいかに効率的に行うかということを指します。この気密性は使用する気密性部材だけでなく職人の技術、施工の丁寧さも影響します。

 

また断熱性能にすぐれた部材を使用していても、気密性が低ければ快適なお家は作れません。気密性が低いと小さな隙間から外気が侵入したり、外壁内部で防水シートの施工不良から、結露が原因でカビが発生し部材が腐ってしまうこともあります。そうなると、 せっかく断熱性能に優れたサッシや断熱材を使用していても、その効果が発揮されません。ですので、これから住宅探しをされる海老名市や綾瀬市の県央地区で新築一戸建て、注文住宅エラボの家を建てたいとお考え中の皆様には、断熱性能だけでなくお家の気密性能も大切にして頂きたいです。

 

そんな中、秀建では今季より気密性能検査の実施も始めました。ZEH住宅という高断熱性だけでなく高気密にも意識を向けています。

 

これから海老名市や綾瀬市の県央地区で新築一戸建て、注文住宅エラボの家を建てたいとお考え中のお客様には是非、断熱性能だけでなく気密性も大切にした住宅会社をお選び頂ければ嬉しいです。

 

また(株)秀建では、これから海老名市や綾瀬市の県央地区で新築一戸建て、注文住宅エラボの家を建てたいとお考え中のお客様を対象に無料の資金相談会、土地探し相談会を開催しております。

海老名で創業47年の地域密着型住宅メーカーになります、住宅に関することは何でもお気軽にご相談下さい。

ブログ一覧に戻る

資料請求

ご来場予約

PageTopPageTop