賢く正しい家づくりコラム

【海老名市新築コラムver.170】消費税増税、注文住宅の建築は損?得?

これから海老名市や綾瀬市の県央地区で新築一戸建て住宅を建てたいとお考え中のお客様へ

 

消費税増税の経過措置

31年10月の消費税増税が決まっておりますが、31年3月31日までの注文住宅のご契約であれば、

8%、4月1日以降の注文住宅の請負契約であれば10%と経過措置がとられております。

 

では実際4月1日以降にエラボのいえのZEH注文住宅を建てるのは2%損をするのでしょうか?

国交省の発表では、住宅ローン減税の控除期間が3年間延長が発表されております。

10年目までは住宅ローン控除は変わらず、11年目~13年目までの各年の控除限度額は、

住宅借入金等の年末残高(4000万を限度)の1%もしくは、建物購入価格の(4000万を限度)×2%÷3年の

いずれか小さい額が対象となります。

例題として、3500万の住宅を購入し建築代金は2000万円、所得税25万円をお支払場合、

1年目から10年目まで25万×10年、11年目から13年目まで2000万円×2%÷3=13万3333円×3年では、

39万9999円となります。消費税分の上がりが、2000万×2%=40万となりますのでほぼ変わらない金額となります。

住宅ローン減税以外に、すまい給付金の内容も、今まで受け取りができなかった方も、もらえるようになり、

給付金額も最高50万円まで貰える様になりました。(所得金額による)

 

さらに、次世代住宅エコポイントの復活もあります。

 

「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、「子育て支援、働き方改革」に資する住宅・リフォームが対象となります。

1戸あたり上限35万ポイントを付与されなんと、エラボのいえでは、標準仕様でZEH住宅を建築しておりますので、

エコ住宅、長持ち住宅、耐震住宅、バリアフリー住宅の内、エコ住宅(断熱等級4又は一次エネ等級4を満たす)を標準で満たしております。

結論は、消費税増税にて注文住宅、えらぼのいえを建築される方は、損はしないと言う事です。

しかしながら、お客様の内容により得を得られない場合もございます。

 

 

(株)秀建 海老名西口店では、住宅ローンや資金相談会、土地の無料相談会を随時開催しております。

これから海老名市や綾瀬市の県央地区で新築一戸建て住宅を建てたいとお考えのお客様は是非一度、

(株)秀建 海老名西口店にお越し下さい。

ブログ一覧に戻る

資料請求

ご来場予約

PageTopPageTop